2016年11月 3日

小学生でも低体温が増加

下記のように小学生でも低体温のお子さんが増えているそうです。
平常時の体温が低いということは、体の機能が全体的に2~3割も
低下してしまう場合があるのです。
特に今のような秋から冬にかけての季節の変わり目は、気温の変化
が非常に大きく、自律神経のバランスが崩れたり、乾燥や冷気に
急に晒されることによって免疫力が落ちたりして体の調子を一定に
保つことが難しくなります。
こういう時こそ、規則正しい生活リズムでの「運動・栄養・休養」
3原則を心掛けることが大事です。適度に体を動かし、食事の
バランスに気を付け、睡眠時間を十分とるということです。
健康は毎日の過ごし方の積み重ねによって成り立ちます。当たり前
のことなのですが、もう一度ご自身の生活習慣を振り返ってみては
いかがでしょうか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読売新聞(ヨミドクター) 11/2(水) 13:00配信

平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えている。体力や集中力の低下など
の悪影響も指摘される。多くは生活習慣を見直すことで改善できるという。
 「低体温」とは、1日を通じて体温がおおむね35度台と低めにとどまって
いる状態のこと。最近はそうした子どもが珍しくないという。全国の小児科
医107人を対象に2012年、飲料販売のキリンMCダノンウォーターズ(東京)
が行ったアンケート調査では「低体温の子どもが増えている」との回答が
8割近くを占めた。

 調査を監修した奈良県大和高田市立病院の小児科部長、清益功浩さんは
「低体温は代謝が低下している状態でもあるため、疲れがたまったり風邪
をひきやすくなったりします」と話す。
 人間の平熱は、生まれた直後は37度以上で、生後100日で37度ほど、2歳
頃で36度台に落ち着く。夜眠っている時は低く、日中活動している時は高く、
という規則的な体温リズムで生活するようになる。

 低体温は、このリズムが崩れた状態だ。早稲田大教授の前橋明さん(子
どもの健康福祉学)は「自律神経の働きが乱れ、体温調節がうまくいかなく
なると、低体温になる」と話す。日中の運動不足で体温を上げる機会が少
ないことも原因になるという。「低体温になると、登校・登園してげた箱
の所でぼんやりと座り込んでいたり、午前中の授業が頭に入らなかったり
といったことが起こってきます」と話す。

自律神経のバランス回復を

 低体温を解消するには、自律神経のバランスを回復すること。そのため
には、規則正しい生活が最も大切だ。

 まずは遅寝遅起きの改善から。小学生ぐらいなら、午後8時、遅くとも
9時には寝るようにする。メラトニンというホルモンが分泌のピークを迎
える午前3~4時に体温は最も低くなる。明け方にはコルチゾールなどの
ホルモンが出て体温が上がり、目覚めの準備が始まる。朝食時には体温が
ある程度上がっている状態になる。

 ところが、寝るのが午後11時になると、体温の低い時間帯が午前5~6時
にずれ、朝食の時間に体温が上がっておらず食欲がわかない。朝食を抜け
ば、熱量摂取がないため、さらに体温は上がりにくいという悪循環に陥る。
 運動も大切だ。3歳児までは午前中に思い切り体を動かす。ある程度体力
がついた4~6歳なら、午後も汗をかく運動をすれば、夕食をしっかり食べ
られ午後8時頃には眠くなる。

 午後にテレビゲームなどで遊んで体力を使わずにいると体が疲れず、夕
食時に小食になったりする。活動的な時間帯が午後8時過ぎにずれ、眠く
なるのは午後10時を過ぎてしまう。
 日中にしっかり活動して体力を使うことが大事だ。前橋さんは、幼児期
なら親子でふれあう体操、小学生になったら鬼ごっこやドッジボールなど
の運動を薦めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日

インフルエンザ流行警報

全国的に荒れ模様の天気が続いているようで、体調を崩してしまったと
いう方
も多いようですね。インフルエンザの流行もピークを迎えています。

私も1月20日くらいに数日間、体調を崩してしまいました。
その時の主な症状は、37.5℃くらいの発熱と頭痛でした。幸いなことに、
インフルエンザではなったので、38℃を超える発熱や関節・筋肉の痛み
などは無く、食欲もあったので、睡眠を10時間ほど取り、3度の食事を
しっかり摂ることを重視、すると
2日間くらいで回復しました。
あ~助かった。。。

インフルエンザや風邪は、何より予防が大切です。
もう誰でも知っていることですが、手洗いとうがいを徹底し、マスクを使っ
たり、室内の温度・湿度を保ったりして、保温と保湿を心がけることです。

ちなみに、インフルエンザワクチンは重症化を防ぐためのものなので、
予防接種をしてもウイルスに感染はしますから、予防接種で全て解決と
まではいきません。何より予防が一番ですから、手洗い・うがい・室内の
保温と保湿に気をつけて下さい。

また免疫力を維持するには、腸内環境が重要です。腸は最大の免疫
器官だからです。腸内環境を良好に保つために、バランスのよい食事
と規則正しい生活習慣、便秘に気をつけることも大切ですよ。

インフルエンザの流行は、もうしばらく続きますので、どうぞお気をつけ
下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日

ウイルスの感染予防

「首から下げるウイルス除去剤で幼児がやけど」というニュースが
ありました。

このウイルス除去剤の中の次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤が何らか
の影響で化学反応を起こし、化学熱傷の事故が発生したとのことです。
次亜塩素酸ナトリウムはもともと漂白剤や消毒剤として日常生活の中
でもよく使われ、学校や施設ではノロウイルスなどの感染予防のため
にドアノブや机、イスなどを希釈液で拭いて消毒します。

この製品は、夏ごろに学校薬剤師の仕事を通じて知ったのですが、首
から下げて30日間もウイルス除去効果が得られるというのは疑問に
感じておりました。
まさか、その製品でこんな事故が発生するとは・・・

確かに首から下げるだけで効果があるなら、お手軽だし、誰でも使える
という点でよいのかもしれませんが、効果と安全性の点で十分でない
のなら、使う意味が無くなってしまいます。

ウイルス感染を予防するには、日常生活の中でできることを毎日続けて
いくことが重要ではないかと思います。
主に下記のようなことが実践しやすいと思います。


1)手洗い、うがいの励行

2)マスクの着用

3)室内の温度湿度を適切に保つ(目安は室温22度、湿度55%以上)

4)食事のバランス、量に気を付ける

5)お風呂、足湯等で温まる

6)睡眠時間を確保する

7)ストレスを軽減する

8)平常時の体温に気を付ける(目安として36度以上)


これらは全てウイルス感染を予防する、つまり免疫力を低下させない
ための手段の例です。
最近、特に気になるのは、平常時の体温が低いお客様が大変多い
ということです。高齢になると代謝が低下し、筋肉量も減るので体温
が低くなりがちですが、毎日元気で過ごすには36度以上に保つべき
だと思います。しかし36度未満の方が本当に多い!

この寒い時期は血行が悪くなりやすく、体も冷えます。それが原因で
体の様々な機能が低下します。そうなると免疫力も下がってしまい
ます。健康の指標の一つとして毎朝体温を測定し、記録しておくと
よいですよ。
まだまだ寒い時期が続きます。くれぐれも「冷え」にはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日

骨密度測定会実施します

12月13日(木) 10時~16時

店内で
密度骨測定会を実施予定です。
まだ少し先になりますが、近くなったらまた告知しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日

体のゆがみ測定会実施

10月25日(木)AM10:00~PM17:00 の日程で、からだのゆがみ・重心
無料測定会を実施しました。
こちらが想定していたより多数のお客様にご来店頂き、実際に測定
して頂きました。
実は、私の母が約1年前に測定して頂いていたのですが、当時より
も体重のかかり方がかなり改善しており、姿勢も良くなっているとの
ことでした。

ポイントは、「 骨盤 」 の位置と傾きだそうです。

骨盤が傾いておらず、しっかり立った状態だと、内蔵が正しい位置に
収まり、動きが改善されるとともに、姿勢が良くなり、肩も自然と体の
横に来るため胸も開いた状態になるそうです。

姿勢ってとても大切なのですね。
普段の生活の中で姿勢も意識していきたいものです。

ちなみに、コレ↓が私の足型です。これを見れば、体重のかかり方
のバランスが分かるそうです。

Photo

今後も定期的に無料測定会を実施していく予定です。
実施の際にはこのブログでも告知致しますので、お気軽にご来店下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日

風邪の予防法

皆さんの中にはもうインフルエンザの予防接種を受けた方もいらっしゃるかと思い

ます。風邪を引き起こすウイルスはインフルエンザだけでなくざっと200種類ほど

あり、病原体となりうる細菌なども考えると、日頃から感染しないように予防に努め

たいですね。予防で一番大切なのは、原因となるウイルスや細菌の侵入量を

減らすことです。

様々なものに触れる手はバイ菌だらけ、石鹸で(なければ流水で洗うだけでも違い

ます)よく洗うことによりウイルスなどはかなり減ります。また、呼吸をする鼻・口・

のど・肺(気管支)は、酸素を取り込むと同時に病原菌の侵入経路にもなります。

粘膜で出来ている鼻やのどは、水分がないとうまく働きません。

そのためにも、うがいをし、十分うるおいを与えることは大切です。簡単なようですが

効果的ですので、下記の方法を今日から実践してみてはいかがでしょう。

■かぜの予防法

  ・手洗い

  ・うがい(鼻うがい)

  ・十分な睡眠を取り、体を休める

  ・のどや鼻の保温、保湿に気を付ける(マスクの使用)

■うがいの方法(3段階に分けて行えば、より効果はアップします)

  1段階:食べかすを取る目的で口に含んで比較的強くうがいする。

  2段階:含みうがいを2~3回した後、上を向いてのどの奥までうがい液がまわる

       ようにうがいする。15秒間、液が口の中に十分に接触するようにする。

  3段階:2段階目と同様に15秒間程度行う。

■鼻うがい(慣れてしまうと続けている方が意外と多い)

  真水だと鼻にツーンときますが、食塩を混ぜておくと楽にできます。1リットルの

  水に9グラム溶かすと体液とほぼ同じ塩分濃度になります。洗面器などに入れて

  鼻からすすり、鼻または口から出したりすれば鼻、口、のどを一度に洗えます。

  病原体の全てを排除することは無理ですが、上から、落ちてくる鼻水なども洗い

  流すことができます。

  ・食塩水を洗面器などに入れて顔をつけ、鼻から吸う。

  ・吸った食塩水を、鼻から出す。この時、同じ容器には戻さない。

■うがい薬を使用したほうがよい場合

  うがいは帰宅後、飲食後、のどに不快感がある時など必要に応じて行います。

  通常でしたら水うがいで良いと思いますが、下記のような場合には、消毒剤

  (うがい薬)のご使用をおすすめします。
 
  ・のどや口の中に炎症があるとき

  ・咽頭炎・扁桃炎・上気道炎・口内炎の治療とその予防

  ・口の中の抜歯創や創傷の感染予防と消毒

  ・口の中の清潔保持が必要なとき(異常醗酵や口臭の防止等)

  ・かぜ流行時における感染予防

■マスクの効果

  多くの風邪ウイルスやインフルエンザウイルスは低温乾燥の環境を好みます。

  その環境を作らないようにするのがマスクです。その効果は下記の通りです。

  ・口腔内、鼻腔内の温度と湿度を一定に保ち、粘膜を低温乾燥から防ぐ

  ・くしゃみによる唾液、鼻水の飛散を防ぐ(細菌等の飛散を防ぐ)

  マスクの最大の使用目的は、のどと鼻の保温と保湿であり、その効果は非常に

  高いので、寒い時期は積極的に使ってみて下さい。

風邪の予防の基本は “手洗い” と “うがい” です。これだけでもかなりの確率で

風邪を予防できますので、外出から戻った時は徹底して行いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日

水分の摂り方

■ 水分、摂りすぎていませんか?

人間の体重の約60%を占める水分。水分は私達が生きていく上で欠かせない

ものです。また、若さを保つためにも水分は必要です。でも、ノドが渇いている

時や、お肌が乾燥している時などでも、体内に水分が溜まっている状態

=水毒症 の場合があることを、ご存知ですか?

肌が乾燥しているのに、なぜ水分が多すぎるのか? と疑問に思われるかも

しれません。例えば「肌が乾燥しているが、むくみがある。」こういった方の場合、

本来必要である[細胞内の水分]が不足していて、細胞の外側に溜まっている

と考えられます。つまり体内のトータルの水分量は適切でも、余っている所と

足りない所が存在する、ということです。部分的に水分が足りない所があると、

「水が欲しいヨ!」と、細胞から要求されたり、口から余分な水分を発散しよう

とするため、余っている所があってもノドが渇く、ということも起こります。この時、

冷たい水をたくさん飲んでも、かえって体が冷えてむくみがひどくなる事が多く

あります。

大切なのは水分の吸収と排せつのバランスです。水分を摂り、その水分が

内臓から血液へ吸収され、そして細胞で十分に利用されて、最後には尿と

して排せつされることが重要なのです。体を冷やさずにキチンと吸収されて、

すっきり排せつされる水分を上手に摂りましょう。

それには生姜湯などがオススメですが、当店のいち押しは、ベニバナを中心

としたお茶の 「紅茶 (ベニチャ)」です。体を温める働きがあり、夏は冷やして

飲んでもOKです。詳しくは、お問い合わせください。

■水分の摂りすぎは、次のような方には大敵です

  ・下痢や便秘をしやすい方

  ・ひざ等の関節に痛みのある方

  ・足腰に冷えを感じる方

  ・夜中のオシッコの回数が多い方

  ・ぼうこう炎になりやすい方

  ・生理が不順な方

  ・耳鳴りや、めまいがする方

  ・高血圧の方、低血圧の方

このような方は、水分の摂り方に注意しましょう!

■ 暖かい飲み物も体を冷やす原因に…

「味噌汁や熱いお茶を飲んでも、体を冷やす」という話を店頭ですると、「えっ?」

と驚かれる方が多くいらっしゃいます。

日中、適度に摂った水分はオシッコとして、また息や皮膚などから、夜寝るまで

に大部分が排せつされます。しかし、夕方以降に摂った水分は、就寝までの

時間が短いため多くが体から排せつされずに、結果として朝まで体内に留まる

ことになります。

その水分はたとえ暖かい飲み物であっても、体内に留まっているうちにだんだん

冷めていき、夜中から明け方にかけて体を冷やす元になるのです。

ですから冷え性だったり、便秘がちな方はもちろん、上記に当てはまる方は、

夕方以降の水分は控え目にした方が良いでしょう。

最後に、水分は摂らなければならないものですが、摂り過ぎると多くのトラブル

の原因にもなりますので、適切な量を上手に摂ることが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日

お知らせ

10月の休業日: 1(日)、8(日)、9(月)、15(日)、22(日)、29(日)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ◆ 株式会社 岡田薬局

   〒362-0042 埼玉県上尾市谷津2-1-34

   TEL 048-771-6170

   FAX 048-771-6173

   営業時間 AM 9:30~PM 7:00

   定休日 日曜日・祝日

   
ホームページはこちら (店舗アクセス方法等もこちらです)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

■免責事項について

当ブログは正確な情報を提供するよう注意しておりますが、その内容の正確性に

ついては一切保証いたしません。よって当サイトのご利用により発生したあらゆる

損害について一切の責任を負わないものとします。

皆様の自己責任において、このブログをご利用いただけますようお願い致します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  このブログは、岡田薬局 管理薬剤師の岡田 学(おかだ まなぶ)

  提供しております。

    私の自己紹介を簡単にいたしますと、
    1968年生まれ
    星薬科大学を卒業後、製薬会社で15年間サラリーマンをしていました。
    2008年4月から薬剤師として実家の岡田薬局で働いています。

    
私の個人ブログはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)