« 週一酵素断食24 スタートライン | トップページ | お通じのご相談が増えてます »

2020年10月18日

週一酵素断食25 気温の変化にご注意を

20201018weight

10月に入り、気温が一気に下がってきましたが、元気で過ごされてますでしょうか?
気温が低いので、夏のように水分補給をすることは無くなりましたが、寒くなっても「週一酵素断食」は継続していきます。

目標体重まで減らすことができたので、今後は73~75キロくらいで維持していこうと思っています。
寒い時期は酵素ドリンクを「常温」で飲むようにしています。
暑い時期と違ってたくさんは飲みませんので、私は常温で500mlを作ってチビチビ飲む感じです。

場合によっては50度程度の微温湯で200mlくらいをその都度作ることもあります。
また夏は酵素ドリンクの味を薄めにしますが、寒い時期になると少々濃いめに作ります。これはお好みですけどね。

最近は気温がグッと下がって一気に寒さを感じるほどにまでなりました。
数日の間で気温差が大きいだけでなく、1日の中でも10度前後の気温差がある日も少なくありません。
まだ体が寒さに慣れていないこともあり、着るもの選びに毎日の天気予報と気温のチェックは必須です。
酵素断食で腸内環境を良好に保っていると、免疫力がアップして体調面では気温差はあまり気になりません。
このあたりも酵素断食をやっていてよかったなぁと感じるところですね。

短時間で気温差が大きくなると体調の維持が難しくなると言われていますが、それは自律神経のバランスが乱れやすくなるからです。
自律神経がバランスを調節してヒトのカラダは一定の状態を保っています。自律神経は、交感神経(アクセル役)と副交感神経(ブレーキ役)という2つの神経の働きでそれを行っているのです。
しかし気温差が大きくなることで自律神経のバランスが乱れてしまうため体の調子を一定に保つことが難しくなってしまうのです。

自律神経のバランスを整えるにはいくつかの方法が考えられますが、私は就寝の1時間くらい前にお風呂でゆっくり温まることをおすすめします。
個人差がありますが、あまり熱いと感じない程度の温度(私は40度前後)で、おでこや鼻の頭に汗をかくくらいまで温まります。
浴槽で温まる目安は15~20分と言われています。ただ、ずっと入りっぱなしではなく、1~2度は出たり入ったりを繰り返します。

ここで注意していただきたいのは、入浴時の体調です。
寒い時期は脱衣所や風呂場の温度が低い場合、血圧の変化が大きくなり、立ちくらみやめまい、動悸、息苦しさなどの症状が出ることがあります。いつもとは体調が違うと感じた場合は無理せず長く入らないことです。
まずは自分の体とよく相談して入浴していただきたいです。


また睡眠時間の確保も大事です。
季節の変わり目は体調維持がたいへんですが、食事のバランス、適度な運動、十分な睡眠を意識して元気に過ごしましょう。
夏ほどたくさん飲まなくて済むので、この時期に酵素断食を少しずつやってみるのもいいかもしれませんよ~。

|

« 週一酵素断食24 スタートライン | トップページ | お通じのご相談が増えてます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週一酵素断食24 スタートライン | トップページ | お通じのご相談が増えてます »