« 週一酵素断食 14= 腸活 | トップページ | 週一酵素断食15 もうすぐ80キロ »

2019年9月 8日

逆腹筋でおなかを引き締め

9月1日にテレビ番組「林先生の初耳学」で放送された「ぽっこりお腹を解消する超簡単トレーニング」の方法が興味深かったです。
その方法が「逆腹筋」だそうです。
逆腹筋とは、フツーの腹筋とは逆に「体を反らせる」ことによって腹筋を引き締めるとのこと。

Karadasorashi

◆逆腹筋の方法◆

1. 直立で肩幅に足を開き、両足の指を浮かせる

2. 頭を両手で支える

3. お腹が出ないように体を反らせて5秒キープ

4. 息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻る

5. この動きを1回として1日10回を3セット行う


番組内では、フツーの腹筋を行ったグループと逆腹筋のグループでの検証結果も発表していました。
2週間実施後ウエストサイズの平均減少数は、フツーの腹筋ではマイナス2.6センチ、逆腹筋ではマイナス5.6センチとなり、逆腹筋の方がお腹が引き締まったという結果になりました。

その理由として、フツーの腹筋は「腹直筋」というお腹のど真ん中にある腹筋のみが鍛えられ、腹直筋が大きくなるだけでお腹全体を引き締める効果は薄いとのこと。
それに対し、逆腹筋ではインナーマッスルが鍛えられるので、「腹横筋」という筋肉も同時に引き締められて、お腹全体(ウエスト周り)の引き締め効果が高いそうです。

実際に体を反らせて腹筋と背筋を触ってみると、腹筋は硬くなり背筋は緩んでいることが分かります。
体を反らせると、腹筋が使われて背筋が緩むことは体験的に知っていましたが、お腹の引き締め効果がそこまであるということは知りませんでした。

フツーの腹筋は負荷が大きく(キツく)、寝そべって行うため、行う場所が限られるし続けるハードルも高くなりますが、逆腹筋は腹筋が1回も出来ない人でも行えますし、短時間でどこでも行える利点があります。
体を反らせるということで、姿勢の矯正にもなり、長く続けやすいのではないでしょうか。

私は週一酵素断食と筋トレの組み合わせを実践中なので、この逆腹筋も取り入れて継続していきたいと思っています。

|

« 週一酵素断食 14= 腸活 | トップページ | 週一酵素断食15 もうすぐ80キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週一酵素断食 14= 腸活 | トップページ | 週一酵素断食15 もうすぐ80キロ »