« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日

酵素断食7 年末年始も

いよいよ今年も終わりです。
1年間、弊社をご愛顧いただき、まことにありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

大晦日の寒い1日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
店は30日から1月4日までお休みになります。
年末年始はさすがにみんな揃っての食事の機会がありますので、毎日とはいきませんが、この休みの間に最低でも3日間は酵素断食を敢行する予定です。

正月休みは何かと食べる機会が多いし、カロリーが高めの食品が結構出てくるんですよね。。。
だから食べてはゴロゴロを繰り返していると、あっという間に2~3キロは太ってしまいます。
でもこの年末年始は酵素断食で食事の量をコントロールするので、太るということは全くないでしょう??

酵素断食で腸内環境を整えて体調管理をすることで、健康第一で過ごしていくことが来たる新年の目標です。

酵素断食、いいですよ♪

皆様もよいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日

腸内環境改善に有効な食品

年末になり、テレビの番組も長時間の特番が多くなってきました。
その中でもよく見かけるのが 「健康情報番組」 というものです。

健康情報番組の中で “腸内環境” や“便秘” がテーマとしてよく取り上げ
られています。
最近、私が見た番組では“米ヌカ ”や “米こうじ ” が便秘や腸内環境の
改善によい食品として紹介されていました。

これまで、テレビで紹介されてきた便秘・腸内環境改善によいとされる食品
はほとんど “発酵食品 ” だと言えます。

みそ、しょうゆ、納豆、漬け物などはどのご家庭でも毎日のように食べられ
ていると思います。
これら発酵食品は、週に数回、出来れば毎日食べていただくことで腸内の
環境が整い、健康にもいい影響が出てきます。
食べる頻度と量が重要だということですね。

弊社で腸内環境を改善するためにご紹介しているのが、約70種類の野菜
果物を原材料として作られている「植物発酵エキス」です。
最近、“酵素断食 ” でよく使われている “酵素ドリンク ” と呼ばれるもの
です。
この植物発酵エキスは、多種類の野菜と果物に含まれる酵素・ビタミン・
ミネラルが補給でき、こうじ菌、乳酸、酵母菌などが発酵の際に作りだす
物質によって腸内環境が改善されます。

腸内環境改善には絶対に摂りたい “ 発酵食品 ” 。
出来るだけ毎日食べるよう心がけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日

ご来店のお客様へのお知らせ

ご来店いただくお客様へのお知らせです。
店頭で実施予定のイベント等、下記の通りです。
この機会に是非ご来店下さいね~。

Img001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日

酵素断食6 新聞記事

日曜で店が定休日のため、本日も酵素断食を実施しておりますが、こんな記事を見つけました。
私は野球ファンであり、巨人ファンでもあるので、来シーズンは必ずや優勝していただきたいと思ってます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000005-sph-base

【巨人】山口俊、断食 3日間水だけで目標95キロ
スポーツ報知 12/2(日) 6:07配信


巨人の山口俊投手(31)が1日、今オフは減量に臨むことを明かした。すでに人生初の断食も終了。毎オフ、103~105キロをメドにトレーニングしてきたが「体のキレを出すために1回落とす」と、95キロを目指す。

G球場でキャッチボールを行った右腕は、どこかスッキリした表情で汗を流した。11月下旬に人生初の断食に挑戦した。千葉・成田山新勝寺で行う
つもりだったが、時間がなく行くことを断念。酵素ドリンクなどを飲まず、自分が寺にいると思い、独自の方法で水と炭酸水だけで3日間過ごした。結果3、4キロ体重が落ち、102キロになった。

「30歳を超えて体を1回見直そうかなと思って。暴食を防ぐために胃も小さくしたかった。1回胃の中、腸をリセットしてっていうのが一番の目的です」

キレキレの体を手に入れるため、我慢のオフはまだまだ続く。今後は食事制限を続けながら、有酸素運動を多く取り入れ、オフは体重95キロを目
指す。「キャンプ中に100キロぐらいに持っていければいいかな」とプランを明かした。

今季は開幕から先発ローテを担い9勝、自己最多の6完投をマークした。
7月27日の中日戦(東京D)ではノーヒットノーランを達成。後半戦からはマシソン、上原、カミネロが離脱し守護神を務めた。結果30試合の登板とフル回転し、チームをCSに導いた。来季は原監督の新体制の下、リーグ優勝、日本一奪回に挑む。右腕は必要不可欠な戦力だ。

すでに宮本投手総合コーチ、水野投手コーチとは面談を済ませ、来季への自分の思いを伝えたという。
「1年間離脱することなく1軍で投げられたらいいと思います」。新たな山口俊に“リセット”し、来季に臨む覚悟だ。
(玉寄 穂波)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
転載記事はココまで

断食は、短期間で実施してもあまり効果がないと思います。
私は週一酵素断食をやって半年経ちましたが、長期で行ってはじめて腸内環境も体調も改善されてくると思います。
その結果、徐々に体脂肪も落ちて体重が減ってくるのです。

ダイエット・減量が目的であれば断食はきっかけであり、方法の一つではありますが、食事を中心とした日ごろの生活習慣の見直しは必須です。

結果にコミットするダイエットも話題になりましたが、あれは体にはかなりの負担だろうし、減量してもリバウンドする確率は高いのではないかと個人的には感じています。
そう感じる理由は簡単。あまりに短期的で非日常が過ぎる方法であることとダイエットのゴールを設定してしまうことです。
例えば5キロ痩せるといったゴールを設定してしまった時点でダイエットはリバウンドすることがほぼ確定するというのが私の持論です。

今の自分の生活に対して、健康的な体重を維持するために適した食事、運動、睡眠を維持していくことが重要ではないでしょうか。

とにかく、食べ過ぎの生活は健康に大きなマイナスだと心得ましょう。
私自身、大いに反省ですよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »