« 謹賀新年 | トップページ | 消費税増税にあたり »

2014年1月21日

インフルエンザ予防

浜松での集団感染をはじめ、全国的にノロウイルスの感染が
増えており、連日報道されていますが、これから流行の本番を
迎えるのがご存知の通り、“ インフルエンザ ”です。
昨日、フジテレビの「全力教室」という番組でインフルエンザに
ついて放送していたので、内容をまとめてみました。

放送をご覧いただいた方も、そうでない方もご参考になさって
下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014年1月19日(日)フジテレビ 21:00~

番組名 全力教室「間違いだらけのインフルエンザ」

講義  国立感染症研究所  長谷川秀樹 博士

◆インフルエンザは、ほとんど全ての人が感染したことがある

・一度感染したことにより、免疫が備わり、症状が軽くなるため
 感染したと気づかないこともある

◆インフルエンザは、ほとんど空気感染しない

・感染者のくしゃみなど、しぶきによる飛沫感染が主な感染経路
 ウイルスを含んだ飛沫が鼻やのどの粘膜に付着して感染する

・感染者が触った「つり革」などを握っても、そこから自分ののど
 や鼻の粘膜にウイルスが付くことは稀である

・感染者と同じ鍋をつついて食べたりしてもほとんど感染しない

・コップなどの回し飲みは感染の可能性がある

・くしゃみをした場合、しぶきの飛ぶ距離は2メートル程度

◆インフルエンザ予防 3大ポイント

1)咳やくしゃみには近づくな

2)マスクと手洗い

3)のどは湿らせておくこと(乾燥は免疫力を下げる)

・うがいは予防としては不十分
 インフルエンザウイルスは粘膜に付着して30分程度で細胞内に
 入ってしまうので、帰宅後にうがいをしても遅い場合がある

・ストレスがかかると免疫力が下がり、感染しやすくなる

◆インフルエンザ感染後の高熱は、ウイルスの増殖を抑えるため

・インフルエンザウイルスが増殖しやすい温度は、鼻やのどの
 粘膜の温度と同じ33度くらいである

・重症化した場合の例としては、小児の脳症や高齢者の肺炎など
 高熱をだしてインフルエンザウイルスの増殖を抑えても、その
 高熱のダメージで粘膜上の線毛細胞などの免疫細胞が死んで
 しまい、その間に他の菌やウイルスが体内に侵入して重症化
 する場合がある

・インフルエンザ感染による関連死は年間1万人

◆インフルエンザワクチンはウイルスの増殖を抑制する

・1個のインフルエンザウイルスは24時間後には100万個に増殖する

・感染後48時間までは増殖するが、その後は免疫システムにより
 増殖が抑えられ、増殖できなくなると、新たな居場所を求めて
 体の外に出ていく(咳やくしゃみが出るのはそのため)

・体内に残ったウイルスは感染した細胞と一緒に死滅するため、
 感染後、一週間ほどで回復する

・タミフル、リレンザなどの薬は感染後48時間以内に服用しないと
 効果はない

・世界のタミフルの70%は日本で使用されている

・10代感染者の異常行動とタミフル服用の因果関係は認められない

◆予防接種ではインフルエンザの感染を予防出来ない

・予防接種は重症化を防ぐためのもので、感染は防げない
 血液の中に抗体を作って重症化を防ぐので、鼻やのどの粘膜に
 ウイルスが付着すると感染してしまう

・感染を予防する薬の開発も5年先の製品化に向けて進んでいる
 (鼻の粘膜に噴霧するワクチンで、感染自体を予防出来る)

・生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの免疫力をそのまま
 胎盤を通して受け継いでいて、生後半年くらいまで効果が続く

・インフルエンザウイルスは突然変異を起こしやすいため、新しい
 形のウイルスが出来やすい

・鳥インフルエンザウイルスは、鳥から人へ稀に感染し、致死率
 60%程度だが、このウイルスは現在、人から人へは感染しない
 ため、大流行することは考えにくい

・鳥インフルエンザウイルスは肺の細胞に感染して死亡率が高く
 なるが、人から人へ感染する経路を考えると、肺から肺へ感染
 することは非常に起こりにくく、もし感染する場合は、鼻や
 のどの粘膜から感染するものに変異すると考えられる
 すると、感染部位の変化から毒性も下がる

・新型インフルエンザは、もともと人の世界のウイルスなので
 対応をきちんとしていれば、怖がるほどのものではない
 免疫を保持していない人が多いので、広がりはあっても、死亡
 や重症化が多いというものではない。
 実際、2009年の例では、季節性インフルエンザ関連の死亡者数
 1万人に対し、新型インフルエンザは200人程度だった

以上、放送内容まとめ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

怖がり過ぎず、正しい知識を持って、生活していればよいという
ことですね。
まずは、手洗いをしっかり(石けんで30秒以上、その後きれいに
洗い流す)ことを徹底しましょう! 

|

« 謹賀新年 | トップページ | 消費税増税にあたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ予防:

« 謹賀新年 | トップページ | 消費税増税にあたり »