« WBC 1次リーグは3戦全勝 | トップページ | WBC 日米対決に敗れる »

2017年3月13日 (月)

WBCオランダ戦 激闘を制す

2017WBC2次リーグ初戦のオランダ戦はまさに死闘、激闘でした。
試合は9回を終えて6-6、延長10回も無得点で、11回からついに
タイブレーク方式の延長戦に突入。

タイブレークとは、得点が入りやすいように、ノーアウトでランナー
1塁2塁から攻撃が始まるというルールです。
このタイブレーク方式の結果、8-6でオランダを破り、侍ジャパンは
この大会無キズの4連勝!!

中田翔選手(2014.11.16 日米野球 侍JAPAN vs MLB代表)
141116samurai_japan_nakata_blog

試合時間は4時間46分だそうで、見ているだけで非常に疲れました。
その中で両チームの選手たちは本当に頑張りました。
侍ジャパンはチームが一つになって全員で勝ち取った勝利だと思い
ます。野球の面白さがいっぱい詰まった試合でした。
凄いよ、本当に凄いよ!

こんな激闘が見られただけで今日は大満足です。
2次リーグ突破に大きく前進しましたが、まだ強敵のキューバ、快進撃
中のイスラエルとの試合が残っています。
いずれも厳しい試合になるでしょう。
それでも勝利を信じて応援します。

頑張れ、侍ジャパン!!

|

« WBC 1次リーグは3戦全勝 | トップページ | WBC 日米対決に敗れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/65007807

この記事へのトラックバック一覧です: WBCオランダ戦 激闘を制す:

« WBC 1次リーグは3戦全勝 | トップページ | WBC 日米対決に敗れる »