« 大谷選手は精神面が強い | トップページ | シンビの花芽が更に成長 »

2016年10月23日 (日)

ビデオ判定で誤審した!?

2015年11月19日 プレミア12 韓国戦
増井投手
161023masui_blog_2


10月23日の日本シリーズ第2戦、6回ウラの本塁上クロスプレーでアウトの判定に
対してビデオ判定でセーフに覆るということが起こりました。

私は巨人ファンなので、中立的な立場で一野球ファンとして見ていたことを先に
申し上げておきます。

テレビ中継のスロー映像を見ると、私には捕手が走者の頭にタッチしたあとに走者
がホームベースにタッチしているように見えていたので、てっきり判定通りアウトで
再開と思っていたのですが・・・

どうやらビデオ判定をした審判団は、先にミットで頭にタッチしていたところを見落と
してしまっていたようです。

証拠の瞬間がこちら↓


「スポニチアネックス 10月24日(月)5時35分配信」 より
161023safe_out_blog

どう見てもこのプレーに関してはアウトのような気がします!?!?
タッチしていなければ、ランナーのヘルメットはあのような動きはしないと思います
し、位置的に手首やリストバンドではなくミットが触れているように見えます。
ビデオのスロー映像を見てもセーフだという意見もあるようですが、私にはアウト
にしか見えません。

でも結果はもうセーフにしかならないんですよね。
ビデオ判定でしかも誤審っぽいなんて、日本シリーズの熱が一気に冷めたなぁ。

日本シリーズという最高の舞台だからこそ、余計に納得いきません。
黙っていられなくて書きました。

後になって知ったことですが、ビデオ判定に使用する映像は放送用とのことだそう
です。だから判定するには各カメラ位置からの映像を慎重に検証する必要がある
でしょうし、ホームベース上のプレーだけでは今回のように「決定的瞬間の見落とし」
とも言えるプロ審判としてあってはならない事態が起こるのです。
これはビデオ判定に関する貴重な資料になりますね。

|

« 大谷選手は精神面が強い | トップページ | シンビの花芽が更に成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/64389977

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ判定で誤審した!?:

« 大谷選手は精神面が強い | トップページ | シンビの花芽が更に成長 »