« 松井秀喜をもう一度 | トップページ | ゼラニウム サーモンクイーン »

2013年6月29日 (土)

シンビジウムの成長 2013

130629flower3_blog

瀕死の状態で放置されていた鉢を世話をするようになって数年、やっと今年咲いて
くれたシンビジウム!
今年の新芽も順調に成長してくれています。

まず今年は4月上旬に6号鉢から7号鉢に植え替えました。その際、かなり古く茶色
になったバルブを2つほど切り離しました。バルブを切り離す時、少し根も切りました
が、根の全体は9割くらいそのままでの鉢増しです。

放置されていた時はバークを使用していましたが、手を入れるようにしてからは軽石
ベースの用土にしています。軽石ベースは保水力がほとんど無いため、マメに水を
あげなければなりませんが、逆に根腐れはしにくいようで、今年の植え替えの際、
根腐れはほとんど無く、白く太い根がビッシリ伸びていました。

130629flower1_blog

昨年は2本のバルブを育てましたが、今年も2つです。
こちら↑は昨年花芽を2本も出してくれた大きなバルブからの新芽です。
昨年同様に、この時期で既に8枚の葉が出ています。あと2枚くらいは葉が出て
きそうな感じです。


130629flower2_blog

こちら↑はもう一方の花芽を付けたバルブからの新芽です。
こちらは現在ではやや細めでスマートなのが少々気がかりではありますが、8枚
の葉が出ています。

シンビジウムは葉の数が8枚以上にならないと花芽をつけないらしいので、葉の
数としてはあと1~2枚出てきてくれれば十分です。今後は高温で蒸れてしまわ
ないように気を付けます。
そのほかに忘れてはいけないのが “ 芽かき ” です。すでに4本くらい芽かきを
しましたが、10月頃までしっかりやれば問題ないでしょう。

とにかく真夏の暑さをうまくしのげれば、今年の冬も咲いてくれそうな気がします。
頑張って成長してくれよ~。

|

« 松井秀喜をもう一度 | トップページ | ゼラニウム サーモンクイーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/57690921

この記事へのトラックバック一覧です: シンビジウムの成長 2013:

« 松井秀喜をもう一度 | トップページ | ゼラニウム サーモンクイーン »