« シンビジウム 花芽が2つ! | トップページ | 読売ジャイアンツ 日本一 »

2012年11月 2日 (金)

ゼラニウム クオリティ

朝晩はかなり冷え込むようになってきましたが、日中の日差しをたっぷり浴びて
ゼラニウムがたくさん咲くようになってきました。

ゼラニウム クオリティシリーズ
グラシスとサーモンクイーン
121030flower1_blog


クオリティ サーモンクイーン
121030flower2_blog

121030flower3_blog

クオリティシリーズのサーモン色にはサーモンクイーン、サーモンプリンセス
サーモンコンテスなどがあり、どれも綺麗なグラデーションですね。
ウチのは、たまたま花屋さんで見つけたのがこのクイーンだったから。

クオリティ グラシス
121030flower4_blog

121030flower5_blog

白のゼラニウムは、このグラシスとアメリカーナのホワイトの2種類がウチには
ありまして、色はどちらも綺麗な単色の白です。花や葉の感じも非常に似て
いるのですが、節間が短く、よりコンパクトなのがアメリカーナかな?
クオリティはアメリカーナより花も葉も一回り大きめな感じです。花の上がりは
クオリティの方が若干いいかな?

アメリカーナ ディープレッド
121030flower6_blog

121030flower7_blog

このディープレッドは本当に鮮やかな赤で、とても気に入ってます。
ウチは鉢をならべるスペースが少ないので、出来るだけコンパクトな株に
仕立てるようにマメに切り戻してまして、そんなウチにはアメリカーナが
一番いいかもしれません。色もディープレッド、ホワイトとも非常に綺麗
ですし、夏の暑さにも結構耐えてくれましたしね。

これは10月26日に挿し芽をしたハイビスカスです。
121030flower8_blog

121030flower9_blog

普通、こんなに気温が下がってきたらハイビスカスは挿しても無駄だと思
われますが、ちょっとした実験感覚でやってみました。
まず、地元の園芸業者が、市の緑地化のために歩道に植えていたハイ
ビスカスをパンジーに植え替えるということで、掘り上げたハイビスカス
数本を頂いたのです。だいぶ伸び放題になっていたので、思い切って
バッサリ剪定し、その切った枝を挿してみたというわけです。

また、普通なら気温が低くて挿し芽が成長しないのですが、ウチの店の
中で管理しているので温度は20度以上に保てており、温室に似た環境
を作れます。
一番の問題は乾燥です。毎日様子を見ながら霧吹きを使っています。
まぁ、1本でも生き残ったら儲けものだと思ってやってますので、何本か
成長してくれたら、毎年このパターンでやるんだけど、どうなりますやら。


|

« シンビジウム 花芽が2つ! | トップページ | 読売ジャイアンツ 日本一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/56028172

この記事へのトラックバック一覧です: ゼラニウム クオリティ:

« シンビジウム 花芽が2つ! | トップページ | 読売ジャイアンツ 日本一 »