« 第3回WBC 出場?? | トップページ | 薬ネット販売 新基準提案  »

2012年9月 8日 (土)

剪定後のハイビスカス

120908flower1_blog

ハイビスカスが咲き始めました。
昨年は震災他たいへんな年だったため、植え替えをせず、ほとんど花が咲き
ませんでした。今年は4月上旬に植え替えと強めの剪定を同時にやりました。
それが良かったのか?つぼみもどんどん出てきてます。

120908flower2_blog

剪定前は土から上の高さが70センチほど、根元に近い部分は直径1.5センチ
程の太さの低木状態になっていましたが、下から15センチくらいのところで
ノコギリを使ってバッサリ切りました。小枝が4~5本残っているだけの、ほぼ
裸の木になりましたが、そこからここまで成長しました。
ハイビスカスってかなり強いんですね。

剪定してかなりコンパクトになったので、見た目にもかわいらしくていい感じ♪
今年の手入れでいろいろなことが分かりました。
鉢で育てているハイビスカスを毎年たくさん咲かせるには、植え替えが必須
です。またその時、根鉢の土を崩して植えると根詰まりが解消されて花数が
増えるそうです。根の張りがいいので、あまり伸びていたら少し切っちゃっても
大丈夫。剪定も植え替えも豪快にやってみて結果が出たので、来年以降は
同じようにやろうと思ってます。


こちらがお気に入りのゼラニウム、アベニーダモザイクレッドという品種です。
120908flower3_blog

ゼラニウムの中でも特にこの種は暑さに強いみたいで、8月中もどんどん伸び
ながら花を付けていました。

120908flower4_blog

今年の夏は非常に暑かったのですが、なぜかウチのゼラニウムたちは高温
障害も出ず、多少、葉焼けしたくらいでした。
このモザイクレッドは一番元気でしたね。暑い中でもかなり伸びて、姿がずい
ぶん悪くなりました。↓

120908flower5_blog

もう少し涼しくなったら切り戻して、切った部分を挿し芽にするつもりです。
今、モザイクレッドは3鉢なので、あと2つくらい増やしたいと思ってます。


先日、WBCの投手3人のポスターを店に貼っていると書きましたが、今日、
店の前を少年野球チームの子供たちが通りました。その子たちがポスター
に気づき、「わぁ~」と言いながら何とも言えない表情で見つめていました。
ダルビッシュ投手、松坂投手、岩隈投手は彼らにとって本当に憧れのヒー
ローなのでしょうね。まさに「目を輝かせて」という表現がピッタリの表情で
ポスターを見てくれていたので、そこに貼っておいて良かったなと思い
ましたよ。

今日は、FIFA U-20 女子ワールドカップで日本代表の “ヤングなでしこ”
が堂々の3位に!
これを見た多くの小学生の女の子が、「やってみたい」とか「あんなふうに
なりたい」とか思うんだろうなぁ。
アスリートたちは、子供たちに夢を与えられる特別な存在なんだね~。
やっぱりアスリートって凄いです!
ヤングなでしこの皆さん、おめでとうございます。

|

« 第3回WBC 出場?? | トップページ | 薬ネット販売 新基準提案  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/55611376

この記事へのトラックバック一覧です: 剪定後のハイビスカス:

« 第3回WBC 出場?? | トップページ | 薬ネット販売 新基準提案  »