« デルポトロに敗れる | トップページ | フェデラーが7度目の芝V »

2012年7月 2日 (月)

スペインがユーロを制す

サッカー欧州選手権、ユーロ2012は、決勝でスペインがイタリアを4-0で
破り、優勝。大会前から攻撃の要ビジャ選手と守備の要プジョル選手を
けがで欠き、飛車角落ちで不安視する声もありましたが、それでも優勝。
今のスペインは本当に強い。現代サッカーの象徴的な存在です。

スペインという国は、多数の州からなる多民族国家であるため、かつての
スペイン代表はチームとしての一体感が欠如し、結束力の弱さから結果が
伴わなかったという説がありますが、現在の代表チームの選手の多くはFC
バルセロナに所属しています。彼らはジュニア時代から一緒にサッカーを
してきた仲間どうしのため、かつての一体感の欠如は見られず、世界で
最も美しいサッカーと評されるポゼッションサッカーを展開します。

今大会、イタリアは“らしくない?”超攻撃的なポゼッションサッカーを
仕掛けてきました。スペインに敗れはしたものの、準優勝にふさわしい内
容で、イタリア代表のイノベーションを強く感じました。結果だけ見れば0-4
ですが、これは決して実力差ではありません。今大会のイタリアサッカー
は今後を大いに期待させるものだったと思います。

6月30日のTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」の中で、スペインの
カタルニアでお豆腐屋さんを経営している日本人の方に電話で現地の様子
を聞いていました。カタルニアの州都はバルセロナであり、カタルニアの人々
はカタルニアをスペインだとは思っていないそうです。スペイン代表よりも圧倒
的に地元チームのFCバルセロナを応援している人が多いとか。
だからユーロの決勝に勝ち進んでも町は静かなもので、むしろバルセロナが
ライバルチームのレアルマドリードに勝った方が余程、町は興奮状態になる
そうです。その点については私も大いに共感出来たりしますヨ。

現在のFCバルセロナを支える中心選手の2人の若き日の画像です。↓
当時からもう中心選手として活躍していましたけどね。

イニエスタ選手(FCバルセロナ 2006.12.14クラブワールドカップ)
061214cwc_soccer_blog

シャビ選手(FCバルセロナ 2006.12.14クラブワールドカップ)
061214cwc_soccer2_blog

ライブで見るのはしんどかったけど、今回も本当に面白かった欧州選手権。
こういう試合をたくさん見たら誰でもサッカーファンになれますね。

さ~て、これからはウィンブルドン4回戦以降の戦いに注目です。WOWOW
から目が離せないよぅ。

|

« デルポトロに敗れる | トップページ | フェデラーが7度目の芝V »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/55100789

この記事へのトラックバック一覧です: スペインがユーロを制す:

« デルポトロに敗れる | トップページ | フェデラーが7度目の芝V »