« カマキリ | トップページ | 一番すべきこと »

2011年11月20日 (日)

ドリームテニスARIAKE

東日本大震災復興チャリティ “ドリームテニスARIAKE” に行ってきました。
いやぁ~、これは本当に素晴らしいチャリティイベントでしたよ。
楽しく、また世界レベルの凄いプレーもたくさん見られました。

錦織圭選手 マイケル・チャン選手
111120dream_tennis0_nishikori_chan


最初は、錦織圭選手と元全仏チャンピオンのマイケル・チャン選手のドリーム
マッチでした。マイケル・チャン選手は2003年の現役引退後、現在もシニア
大会に参戦しているだけあって、レシーブ力は健在でした。

錦織圭選手
111120dream_tennis1_nishikori

マイケル・チャン選手
111120dream_tennis2_chan

次に行われたのは、フロラン・ダバディさん司会で車いすテニス世界1位の国枝
慎吾選手と鈴木貴男選手のミニトークショーでした。
111120dream_tennis3_kunieda_suzuki

本当は国枝選手と鈴木選手で試合をする予定だったそうですが、国枝選手が
全米オープンで肘を故障してしまったため、トークショーになったとのこと。
手で動かさなくても、体を傾けて腹筋を使うだけで車いすは動かせるそうです。
実際に見せてくれましたが、いくら旋回性の高い構造とはいえ、体幹を鍛えて
いるからこそだと思いました。
また、車いすはサイドステップが出来ないため、逆に動くには一度ターンしな
ければならず、予測が重要なスポーツともおっしゃっていました。車いすテニス
はルール上、2バウンドまで認められているそうですが、レベルが上がるほど
1バウンドとボレーで勝負するとのこと。実際の試合でも国枝さんは8割以上
1バウンドでプレーしているそうです。実際に試合を見てみたくなりました。

鈴木貴男、マイケル・チャンペア vs 錦織圭、松岡修造ペア
111120dream_tennis4_doubles

なんと、松岡修造さんは、この試合のためにひざの手術までしたそうです。まだ
状態がよくないようで、サポーターが痛々しかった。。。でも・・・
私が言うのも何ですが、カッコよかったです。44歳にはとても思えない!?
111120dream_tennis5_matsuoka

このあと錦織選手と14歳のジュニア選手とのタイブレークマッチがあり、最後は
ミックスドリームダブルスでした。

錦織圭、杉山愛ペア vs クルム伊達公子、松岡修造ペア
111120dream_tennis6_mix_doubles

この試合は全員がヘッドセットマイクを付けての試合だったので、試合中の選手
どうしの話を聞くことが出来ました。
これが非常に面白くて、たいへん盛り上がりました。

東日本大震災復興チャリティとして行われたこのイベントはとても楽しめたので
個人的には大成功だったのではないかと思っています。
選手の皆さん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

|

« カマキリ | トップページ | 一番すべきこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/53295097

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームテニスARIAKE:

« カマキリ | トップページ | 一番すべきこと »