« ヤフーのトップも・・・ | トップページ | 薬物乱用防止教室 »

2011年1月30日 (日)

アジアを制す!

2010.10.8 アルゼンチン戦 (埼玉スタジアム2002)
110130soccer_honda_blog

AFCアジアカップ2011(カタール)で日本が優勝しました!!
日本時間では夜中の12時キックオフでしたが、最後まで見た方も多かったと
思います。決勝戦のオーストラリア戦は準決勝に続いて延長戦までもつれる
厳しい試合となりました。危ない場面も結構ありました。しかし、しかし、その
何度もあったピンチを跳ねのけ、ザックジャパンがアジア王者を奪還! 
やった~!!!!!

予想通り、オーストラリアは縦のロングボールを多用して攻撃の要、キューウェル
とケーヒルの2選手に集める作戦でした。だいぶチャンスを作られて危ない場面が
何度もありましたが、日本のサムライたちは本当によく頑張った。その頑張りが
運も味方につけたんじゃないでしょうか。GKの川島選手がまたもファインセーブを
連発していました。

ザッケローニ監督や長谷部選手も試合後のインタビューで話していましたが、出場
した選手だけでなくベンチの選手、スタッフも含め、チーム全体が一つになって
戦っていたとのことです。確かに、途中交代で出場した選手が決勝点を入れると
いうチーム力の高さを示していました。
特に決勝の李選手のボレーはホントに美しいビューティフルゴールでした。

ワールドカップの時はどちらかというと守り重視の堅守速攻タイプのチームでした
が、ザックジャパンはゴールを強く意識する攻撃重視のサッカーです。
守備に関してはワールドカップの時の方が安定感は高かったと思います。でも攻
撃のパターン、引き出しの多さに関しては過去の代表チームと比較してもかなり
広がりを感じます。準々決勝のカタール戦なんて、最高にしびれました。

現在では海外のチームに在籍する選手がだんだん増えてきました。その経験も
非常に大きいと思います。香川選手が、
「日本の選手はもっとやれる。フィジカルではどうしても負けてしまうが、日本人は
頭がいいし、チームのための献身的な動きも出来る。ボールを止める、蹴るという
基本のレベルも海外の選手より高い。」
と言っていました。サッカーの経験はJリーグでも積むことは出来るが、外国人
選手に囲まれてプレーすることによって、プレーの選択肢が増える(=自分自身
がレベルアップする)とのことです。
将来、サッカー強国といわれる欧州、南米の国と互角に戦うためには海外での
経験は不可欠なのかなぁ。

ザッケローニ監督が、「サッカー強国はまだ日本より一枚も二枚も上だが、それ
ほど大きな差でもない。」と言ってましたし、これからザックジャパンが楽しみで
仕方ありません!!
ザックジャパンのサムライたちよ、感動をありがとう!!!
やっほーっ!!!

|

« ヤフーのトップも・・・ | トップページ | 薬物乱用防止教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/50727312

この記事へのトラックバック一覧です: アジアを制す!:

« ヤフーのトップも・・・ | トップページ | 薬物乱用防止教室 »