« radiko(ラジコ)ってイイネ! | トップページ | 勤労感謝 »

2010年11月14日 (日)

日韓対決は千葉ロッテに軍配

千葉ロッテマリーンズ 西村徳文監督
101114championship0_blog

日本シリーズ優勝チームと韓国シリーズ優勝チームが対決する日韓クラブ
チャンピオンシップが13日(土)、東京ドームで行われ、千葉ロッテマリーンズ
が3-0でSKワイバーンズを完封。
SKに打たれたヒットは2本だけですから、完勝です。

とにかくマリーンズ投手陣が強力でした。出てくる投手の投球フォームが
ダイナミックで綺麗です。日本シリーズで活躍した勢いそのままにキッチリ
抑えました。

先発 唐川侑己投手
101114championship1_blog

SKワイバーンズ先発 門倉健投手
101114championship2_blog

二人目 薮田安彦投手
101114championship3_blog

三人目 内竜也投手
101114championship4_blog

四人目 伊藤義弘投手
101114championship5_blog

クローザー 小林宏投手
101114championship6_blog

シリーズ男 今江敏晃選手
101114championship7_blog

チームの主砲 井口資仁選手
101114championship8_blog

ポスティングでメジャーに挑戦する西岡剛選手
101114championship9_blog

ライトスタンドからの “つよしコール” に応える西岡選手
101114championship10_blog

これを見て、松井秀喜選手がメジャーに移籍する時のことを思い出して
ちょっとジ~ンときちゃいましたね。
2002年11月の日米野球だったと思いますが、試合が終わってもファン
が帰らず、ずっと松井コールをしていたら、松井選手が出てきてくれて
帽子をとってスタンドのファンに挨拶してくれたんだよな~。あのとき
“頑張ってこいよ!”と言いながらファンはみんな泣いていました。
西岡選手もメジャー移籍が決定したら、是非向こうで良い成績を上げて
もらいたいと思います。

|

« radiko(ラジコ)ってイイネ! | トップページ | 勤労感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/50030578

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓対決は千葉ロッテに軍配:

« radiko(ラジコ)ってイイネ! | トップページ | 勤労感謝 »