« 2010年スタート | トップページ | 桜草 »

2010年1月29日 (金)

内藤大助が現役続行

09.11.29 WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助vs亀田興毅
100129box_naitou_blog

昨年11月、国民の期待を背負って臨んだ防衛戦で、亀田興毅選手に判定で
敗れた内藤大助選手(35歳)が現役続行を表明しました。
35歳という年齢でチャンピオンの座から転げ落ちてしまった内藤選手は、誰が
見てもボクサーとしてのピークは過ぎているでしょう。
でも、現役続行という勇気の要る決断には拍手を送ります。

あのタイトルマッチは現地観戦でしたが、とても素晴らしい試合で、両選手の
魂のぶつかり合いと、特に内藤選手のファイティングスピリットには大感動
でした。
個人的には内藤選手を応援していましたし、判定負けの瞬間は本当に残念
でした。内藤選手自身は、負ければ引退することをほのめかしてしましたが、
試合後も個人的には内藤選手の試合をまた見たいと思っていました。

内藤選手自身も周囲がどう見ているか十分分かっていて、「もうピークを過ぎて
いるかもしれないけれど、オジサンでもここまで出来るんだぞというところを見て
欲しいし、そういう姿を見せたい」と記者会見でも語っていました。

現役続行とは言っても、試合はそんなに多くは出来ないと思うので、行ける
場所での試合なら是非現地で観戦し、内藤選手の魂の戦いを目に焼き付け
たいと思います。

私みたいなオジサンは他のオジサンが頑張っている姿にとっても勇気付け
られるのです。是非とも内藤選手にはオジサンのヒーローになって欲しいと
思います。
ファンキーモンキーベイビーズの“ヒーロー”みたいにね!

|

« 2010年スタート | トップページ | 桜草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/47423274

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤大助が現役続行:

« 2010年スタート | トップページ | 桜草 »