« WBC 韓国vs台湾 | トップページ | WBC東京ラウンド 日本は2位 »

2009年3月 8日 (日)

侍JAPAN 韓国を撃破!!

WBC日本代表 原辰徳監督
090307wbc1_blog

このWBCという大会で、日本が優勝するためには絶対に勝たなければなら
ない相手、韓国との試合を見に行ってきました。
東京ドーム全体が、試合開始前からかなり熱い雰囲気で包まれた、異様
とも思えるような状態でした。こんな雰囲気は、長年通っている東京ドーム
でも初めてかもしれません。

WBC日本代表 城島健司捕手 松坂大輔投手
090307wbc2_blog

試合は投手戦による緊迫した接戦を予想していましたが、それに反して
1回から3-2という打撃戦を思わせる立ち上がり。その中で私が一番感動
したのは、この大事な試合で東京ドーム全体が超ホームゲームの雰囲気
を作りだしていたことです。こんなに熱い声援があったら、選手は相当勇気
付けられたのではないかと思います。
そこで初回の立ち上がりから、いきなりの3連打で先制。一気に日本チーム
の流れになりました。

WBC日本代表 村田修一選手
090307wbc3_blog

村田選手の3ランホームランが出た時には最高潮に盛り上がり、ドーム
全体が一つになっていたように感じました。選手のプレーはもちろんなの
ですが、その雰囲気にとても感動しました。
結果は7回コールド勝ち。最高の結果にしびれた~!!

今大会では、優勝するまでに韓国と最多で5試合戦う可能性があります。
今回コールドでも次の試合ではどうなるか分かりません。
まだまだ気の抜けない厳しい試合ばかりが続くので、個々の選手が調子
を整えて実力を十分発揮して欲しいと思います。
がんばれ、侍JAPAN!!!!!

|

« WBC 韓国vs台湾 | トップページ | WBC東京ラウンド 日本は2位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/44276808

この記事へのトラックバック一覧です: 侍JAPAN 韓国を撃破!!:

» WBCの本当の"勝利者"は誰か! [Something Special]
昨日は、「侍ジャパン」が、宿敵(?)韓国にコールド勝ちし、アメリカでの第2ラウン [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 22:56

« WBC 韓国vs台湾 | トップページ | WBC東京ラウンド 日本は2位 »