« 戦いは2週間後 | トップページ | WBC 韓国vs台湾 »

2009年3月 6日 (金)

侍JAPAN 始動 WBC中国戦

侍JAPAN (WBC 東京ラウンド 中国戦)
090305wbc1_blog

いよいよ第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)が開幕しました。
初戦の相手は中国です。合宿から強化試合までの結果では少々不安が
残りましたが、本番ではきっとよい結果を出してくれるだろうと期待して
東京ドームに向かいました。

王貞治氏 (始球式にて)
090305wbc2_blog

始球式は第1回WBC優勝監督の王貞治氏でした。

期待が大きかったからかもしれませんが、中国戦を見て不安材料が
少々増えたような印象を受けました。
まずイチロー選手の不調ぶりが強化試合までと同じで、本調子になるには
少し時間がかかりそうに思えました。ただイチロー選手にはアメリカへ
行ってから活躍してもらえれば十分でしょうけどね。
また攻撃に関しては送りバントや犠牲フライ等がキッチリ出来なかった
のは痛いなぁ。特に代走後に盗塁を決めたセカンドランナーの片岡選手
がショートゴロでサードへ走り、アウトになったミスは大きかったのでは
ないでしょうか。これから先の厳しい戦いを勝ち抜くには、こういったミス
を無くさないといけないでしょう。

投手陣は相手に点を与えませんでしたが、クローザーとして期待されて
いる藤川投手がまだ本調子ではないように思えました。
先発のダルビッシュ投手は力みのない丁寧なピッチングで本来の姿を
取り戻していたようですね。ナイスピッチング!

ダルビッシュ有投手
090305wbc3_blog

初戦ということで、どの選手も緊張していたようですが、これでほぐれて
本来の力が発揮されれば、どんなチームにでも勝てる力はあります!!
次戦は恐らく韓国戦でしょう。この東京ラウンドでは韓国と2回戦うことに
なると思いますが、それでも全勝を期待しています。
がんばれ!! 侍JAPAN!!!

|

« 戦いは2週間後 | トップページ | WBC 韓国vs台湾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/44257470

この記事へのトラックバック一覧です: 侍JAPAN 始動 WBC中国戦:

« 戦いは2週間後 | トップページ | WBC 韓国vs台湾 »