« マーク3だけじゃない? | トップページ | すんげ~ショックだ。。。 »

2007年6月23日 (土)

背番号18の輝き

パイレーツの桑田投手がマリナーズ戦に登板、2イニングを投げ、1安打4三振
無失点の好投を見せた。あのイチローでさえ空振りの三振だ。
これまでの登板の機会では結果を出してきた。投球内容も桑田の特長を十分
に発揮し、コーナーワークと緩急で抑えている。桑田の活躍する姿に感激して
いる人も少なくないはずだ。
しかし何よりも私が嬉しく思うのは、メジャーという憧れの、夢の舞台に立って
桑田本人が投球を楽しんでいることだ。

イチローはメジャーリーグに移籍する時、メジャーのグラウンドに立つことは言う
までもなく、そこでどれだけ好成績を残せるかを考えていたそうだ。
確かに一流選手ともなれば「やれて当然、どれだけやれるか」を考えるのだろう
が、今の桑田はインタビューを聞く限り決してそうではない。
あくまで最高レベルの野球にチャレンジし、その大舞台に感激しながら投げる
野球少年の純粋さに似た気持ちがあるのではないか。
投げられることの喜びがインタビューからもストレートに伝わってくる。
そんな桑田の直向きな投球は日本から海を越え、アメリカの地でも輝き始めて
いる。

WBCで日本が初代王者に輝いたのは記憶に新しい。メジャーリーガーを揃えた
パワー野球主体の外国チームに対し、日本はジャパニーズスモールベース
ボールという基本に忠実な、緻密な野球を展開していった。
確かにスポーツはスピードとパワー、特に圧倒的なパワーに勝るものは無い
と言われている中で、日本の緻密な野球が世界一になったのだ。
基本に忠実であり、相手の隙を見逃さない緻密な野球、それは今、桑田が実践
している野球でもある。
これからも、もっと桑田真澄の投球が見たい。そして更に背番号18が輝くことを
期待している。39歳、まだまだやれるぜ~~~っ!!!!!


|

« マーク3だけじゃない? | トップページ | すんげ~ショックだ。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/15525194

この記事へのトラックバック一覧です: 背番号18の輝き:

» 桑田好投!! [スポーツに人生を学ぼう!]
メジャー昇格した桑田が大健闘している。 21日、イチロー、城島擁するマリナーズと対戦し、待望のイチローと対戦し、なんと空振り三振に切ってとり、2回を1安打4三振に抑えた。 桑田は、「自分らしいピッチングができました」と笑顔だ。 今の桑田は140キロを超えるか超えないか位のストレートしか投げれない。 カーブなど変化球を交えながら、コントロール、間の勝負だ。 その投球に対して、イチローは「もちろん打つ気満々でいきましたよ。あそこで打ち取っていただきたいなんて全く思ってない。でも…、参りました」... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 01:37

« マーク3だけじゃない? | トップページ | すんげ~ショックだ。。。 »