« 世界バレー ケニア戦 | トップページ | ラスト5 マリノス戦 »

2006年11月 5日 (日)

世界バレー観戦を終えて

菅山かおる選手
061104world_volley2_blog

日本は今日のポーランド戦に勝って1次リーグ2位で通過だそうで、おめでとう
ございます。何といっても1次リーグで一番驚いたのは台湾の強さですね。
台湾は体格的に日本とそう差は無いのですが、この勝利数の違いはやっぱり
スパイクの決定力じゃないでしょうかねぇ。今大会はメグカナがケガで欠場と
いうハンデも大きいのでしょうね。

昨日、なんだかんだ書きましたけど、選手たちの頑張りは立派なものです。
それよりも演出だか何だか知りませんが、芸能人は要らないと思うし、会場
を煽っての応援もどうなのでしょうかねぇ?
本来の姿じゃないと思う・・・ただそれだけです。

ここからはバレーボールの撮影に関しての話です。
代々木第一体育館で2日間撮影しましたが、1日目は1階スタンド最後列、
2日目はアリーナ席(エンド側ではなくサイド側)9列目から撮影しました。
ちなみに代々木第一のアリーナはサイド側が10列、エンド側が19列ある
ようです。
予談ですが、スタンドでのポジションはWaT(ウエンツ瑛士クン、小池徹平
クン)のお二人がほんの5メートルくらい横に居ました。そのすぐそばには
タレントのMEGUMIさんもいましたね。バレーとは全く関係ないですが・・・

感覚的な判断ですが、バレーはスタンドからの方が撮影はしやすいと思い
ます。アリーナだと前の席との段差が少ないし、プレスの方々もかぶって
しまうことが結構あるんですよね。スタンドだと当然、上から見下ろす角度
になりますが、その方が前の人やネットも比較的邪魔になりません。
HPに写真アップしてありますので、ご覧頂ければお分かりかと思います。
但しスタンドからの撮影には最低300mm(出来れば400mm以上)の望遠
レンズが必要になると思われます。
私は1日目(スタンド)は400mm、2日目(アリーナ)は70-200mmと300mm
の併用で撮影しました。2日間ともカメラの設定はISO800、シャッター速度
1/400~1/500秒、絞り開放(F2.8)、撮影モードは当然マニュアルです。

バレーボールの会場としては代々木か東京体育館が多いから、機材に関
してはアリーナとスタンドで今回のような使い分けをしようと思います。
とは言っても気合いを入れてバレーボールの撮影に行くことは当分無いで
しょうけど・・・

|

« 世界バレー ケニア戦 | トップページ | ラスト5 マリノス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/12567501

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バレー観戦を終えて:

« 世界バレー ケニア戦 | トップページ | ラスト5 マリノス戦 »