« 優勝目指して | トップページ | 悔しいの一言だが・・・ »

2006年10月 9日 (月)

次元が違う強さ

AIG ジャパンオープンテニス 2006
男子シングルス優勝者 ロジャー・フェデラー 
061008aig_championship_blog
強すぎるよ、ホント。今年もグランドスラム大会の中継をテレビでずっと見て
きたけど、目の前で見たらテレビで見ていた姿そのままでした。すげ~!!
フェデラーが史上最強のチャンピオンという人もいますが、それも納得出来る
くらいの強さです。そして落ち着きぶりも。一喜一憂が全く無いんですよね。
見ている側からすると、感情を表に出した方が飽きないし面白いのかもしれま
せんが、世界一位として君臨し続けるにはそれではダメなんですね。
王者は常に鋼鉄のような精神力が要求されるわけですから。
フェデラー本人も言ってはいましたが、是非また来年も来て欲しいです。
よろしくお願いしま~す!!

|

« 優勝目指して | トップページ | 悔しいの一言だが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/12205899

この記事へのトラックバック一覧です: 次元が違う強さ:

« 優勝目指して | トップページ | 悔しいの一言だが・・・ »