« イエメン戦 勝ったけど・・・ | トップページ | バレーと野球 »

2006年8月20日 (日)

“思い”の強さ

今年の夏の甲子園決勝戦は何と表現していいか分からない凄い試合
になりました。熱闘、激闘、球史に残る名勝負、両エースの激突など、
各方面で様々な表現がされていましたが、私としてはどう言ってよい
ものか、ぴったり当てはまる言葉が思い浮かびません!!

注目度の高さは圧倒的に斉藤、田中の両エースなのですが、決勝戦
まで勝ち上がってくるだけあって、両校の他のメンバーのレベルも相当
高いですし、間違い無く高校野球の歴史に残る試合でしたね。

早実の主将が、「どっちが優勝したいかの“思い”の強さで勝負が決まる
と思うので・・・」と言ってました。私はこのコメントを、「これからが本当の
勝負だ」と自分を含めチーム全体に言い聞かせているような気がして、
さすが優勝を争うチームの主将だなと思いました。

明日は両投手とも3連投、4連投という過酷な日程になるので体調面が
心配ですが、ここまで来たら気合いしか無いです!!
恐らく状態がかなり良くないという場合以外は、斉藤、田中の両エースが
先発してくると思います。
明日は会社のPCで速報を見ながらの仕事になるでしょう。(笑)
両校とも悔いの無いように、またいい試合を見せて下さいね♪

ワールドグランプリバレー見てきましたが、今日は相手がブラジルという
強豪国だったこともあるけど、選手の闘志があまり感じられず、何だか
なぁという感じでしたョ。。。
それに相変わらず芸能人を絡めてのイベント化した演出も個人的には
好みません。人気確保、注目度アップのために努力していることは分か
るんですけど・・・本来の姿じゃない気がする。

表彰式
060820world_volleyball_blog

某テレビ局演出
060820world_volley2_blog_1

|

« イエメン戦 勝ったけど・・・ | トップページ | バレーと野球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54732/11534852

この記事へのトラックバック一覧です: “思い”の強さ:

« イエメン戦 勝ったけど・・・ | トップページ | バレーと野球 »